こんにちは、ちっぷです!

 

台風15号、風がすごかった~~

 

今朝、粗大ごみを出したのですが、貼っていた粗大ごみシールが風で飛ばされて無くなってしまいました😂

 

えー!また買わないといけないの!?と思い、清掃事務局に連絡したら「いーよいーよ!回収しておくよ!」って豪快なおっちゃんが寛大な心で許してくれました 笑

 

大雑把な人って良いですよね!笑

 

 

 

さてさて本題になりますが、わたくし、先日やらかしまして・・

 

メルカリでとある商品が売れたんですよ。

 

で、その日は外注さんとの打ち合わせが入っていて、資料を用意したりと朝からバタバタ走り回っていたんです。

 

くわえてここ1週間以上、家族がちょっと体調悪くて毎日のように通院していたので、作業時間がすごく落ちていたんですね。

 

そんなこともあって、毎日が本当に目まぐるしく過ぎて行ってたのもあり、本当にうっかり・・

 

全く違う商品を送ってしまいました😱

 

 

 

違う商品を送ったことって恐らく初めてだと思います・・

 

普通にいけば、先方に商品到着して受取評価って流れなのですが、受取評価が無しで取引メッセージだけ届いていると怖いですよね。

その怖い予感が的中ですよ😂

 

 

しかも明け方の4時くらいにふと起きて確認したので、その後、悔しくてなかなか眠れませんでした。1時間くらいだけど 笑

 

 

他にも、「発送した商品が不良品だった」や「商品説明欄に書かれていたものと違う」などのトラブルから返品騒動になることって、メルカリを使っていればあることだと思います。

 

そんな時のために対処方法をまとめておきますね。

 

 

 

1.間違った商品を送ってしまった

 

とにかく一番最初に送るメッセージは謝罪ですね。

 

そして、商品を着払いで返送していただく必要があるのですが、そのメッセージを送る前に確認したいのが、利益と送料の計算です。

 

相手が何か商品を出品していたら、その商品ページから購入者の住所(都道府県)が分かりますので確認しましょう。

 

着払いでの返送も、こちらから正しい商品を再度送る際も、もう全国一律料金のメルカリ便は使えません。

 

通常の宅急便を使う必要がありますので、あまりに遠方ですと送料だけで利益をつぶしてしまう可能性もあります。

 

商品の仕入れ代金が安くて利益も少ない場合は、返送はしてもらわずにあげちゃった方が良い場合もあります。

 

ですから、ここは最初に必ず確認しましょう!

 

 

ただし、正しい商品は送らなくてはいけないので、匿名配送をしていた場合は、相手から住所やお名前・電話番号を聞く必要があります。

 

相手に間違った商品を返送してもらったのを確認が取れたら(配送会社と問い合わせ番号を聞きます)、すぐに正しい商品を発送してくださいね。

 

※商品が到着したのを確認してから発送しても良いのですが、自分が入れ間違えたのに「商品が返ってきたのを確認してから正しい商品送ります!」って言うのはなんか失礼だなーと思い、今回私はこういう対応を選びました。

また、私は普段はお礼状などは入れないのですが、今回は手書きでお詫び状を入れました😅

 

ここまでの流れをざっくりまとめるとこんな感じですね。

↓ ↓ ↓

メルカリ 返送

 

 

 

2.不良品を送ってしまった

 

こちらは過去に何度かあったのですが、ファスナー部分の不良や、見落としてしまったシミなどがあった場合で、相手方が返品を求めてきた時の対処法です。

 

これもすぐに謝罪し、相手の怒りがそうでもなければ 笑、「写真をアップしてもらえないでしょうか?」とお願いしてみても良いと思います。

 

相手の方に今回の不良部分を撮影してもらい、「確認用」などのタイトルで出品をしてもらうのです。

 

その状態を見て、全額返金するのか、一部の返金にするのか、商品は着払いで返送してもらうのか、などを決めましょう。

 

ちなみに私はこういったトラブルの時は、取引が長引くとストレスなので、ほぼあげてしまうことが多いです。

※写真の確認もほぼしないです。

 

 

そもそも仕入れ値が安いことが多いので、ダメージが少ないんですよね。

700円仕入れとかだと、潔く「取引自体をキャンセルして返金しますので、商品は破棄してください」とお願いできます。笑

 

もちろん700円仕入れで1万円販売とか出来るなら、返送してもらった方が良いですけどね。

 

仕入れ値が安いアパレルせどりって、こういった時も安心して対応できるのが嬉しいです🙂

 

あ、でも商品は送っていますので、取引キャンセルしても送料はとられますのでご注意くださいね。

 

 

3.相手方都合で返品を求められた

 

このパターンが一番多いような気もしますが 笑、私は断じて受け付けないです。

 

例えばよくあるのが、「試着してみたらサイズが合わなかった」という理由ね。

 

私は必ず採寸をしてその内容とサイズを入力しますし、サイズが書かれているタグの写真もアップします。

 

こちらはしっかり判断材料を揃えている状態ですので、確認を怠ったのは購入者側になりますよね。

 

ですから、こういった場合はその旨を伝えて「お好きな価格で転売して構いませんので、今回は取引終了でお願いします」と伝えます。

 

この対応でゴネられたことは一度もなく、みなさんすんなりと「分かりました」と引き下がってくれます。

 

また少し心配になるかもしれませんが、評価をキズつけられたこともないです。

(中にはそういうことをする人もいるかもしれませんが😅)

 

相手に落ち度がある場合は、毅然とした対応をして大丈夫です!

 

 

終わりに

 

取引件数が多くなってくるとこういったトラブルに遭遇することも多くなりますが、常に丁寧な対応をしていればそうそう大きなトラブルには発展しません。

 

とは言っても、初めてトラブルが起きた時などは不安になってしまうと思いますので、お問い合わせページからご連絡くださいね!

 

私なりの対処方法をお伝えしますよ😉

 

 

 

 

ランキングに参加してます!
参考になったらポチッとお願いします!



メルマガにご登録いただくと、
もれなくアパレルせどりのレポートをプレゼント!