7月に入りましたね!

 

これからアパレルせどりは単価が落ちる季節に入ります😂

 

こちらのページでも夏の鉄板商材をご紹介していますが、
本日はもう一つ情報を出しておきたいと思います。

 

今回は【夏に売れる!】というわけではなく、
【1年中売れるアイテム】のご紹介です♪

 

 

アパレルせどりで安定して利益を得るには、
必ず【1年中売れるモノ】を把握しておきましょうね。

 

季節が変わるごとに
「何仕入れたら良いのかな~?」とアタフタしてたら精神的に辛いですからね(^^;

 

 

ちっぷがオススメする【1年中売れるモノ】

それは!

アウトドアブランドのアレです!

アレ!笑

 

 

アウトドアって聞くと、
私なんかは「キャンプ?」と連想するのですが(単純)
私のオススメは登山をする時のウェアです!

 

 

というのもですね、私の母が大の山好きでして、
ウェアや登山靴を買っているのを度々見てるんです。

 

 

で、レインウェアを購入している時があって、何気なく聞いたら

「レインウェアは1年中同じものを持ち歩くのよ」

って言うんですよ。

 

山の上は寒いから、夏でも冬でも
長袖上下のレインウェアを常にリュックに入れておくんだそうです。

ちなみに冬はダウンの上から着るんだって。

 

なるほどなるほど~😎

 

 

ヤフオクでの出品数と落札数

 

そんなきっかけから注目してみたら、
やっぱりメルカリやヤフオクでもかなり売れてるんですよね~

 

特にヤフオクなんかは、

現在出品されている数がこちらで

↓ ↓ ↓

アパレルせどり 登山

 

 

落札件数はこちらです。(7/2現在)

↓ ↓ ↓

古着転売 登山

 

 

 

 

出品数に対して1.5倍くらいの落札数があります。

 

 

そして条件を「中古」に絞ると、

出品数

↓ ↓ ↓

アパレルせどり 登山

 

 

 

に対して、落札数は

↓ ↓ ↓

古着転売 登山

 

 

 

実に2.5倍弱の落札件数になるんです!

 

こんな数字からも需要の高さがよく分かりますね😍

 

 

アウトドアブランドの新品価格

母は中古ではなく新品を買うのですが、
これがまた高いのなんのって!😳

 

 

というのも、アウトドアブランドは
雪山などの厳しい気候にも耐えられる高機能なアイテムばかりなので、とにかく値が張ります

 

 

実物を触ってみると分かりますが、まずどんなアイテムも【軽量】です。

そりゃー、山に登るのにウェアや靴が重かったらキツイですよね😂

あとは、防水性や透湿性といった面でもかなり優秀。

 

 

見た目ペラッペラの生地でも、
普通に街で着る洋服とは比べ物にならないくらいたくさんの機能を持っているんです。

 

故に販売価格は必然的に高くなるってわけですね~。

 

セールがほとんどない

これも母から聞いた話ですが、
こういったアウトドアブランドはほとんどセールが行われないようです。

 

安く買えるのはアウトレットくらいなのですが、
それでもやはりかなり高く感じる価格設定です。

 

だからフリマアプリやオークションで購入する層が多いんですね!

 

店舗で探そう!

ここまで読んでみて、アウトドアブランドが売れるのは分かったけど、
どこで見つけたらいいんだろう?と疑問に思ったあなた。

 

仕入れ先としては断然、店舗です!

 

電脳だと中古でも既に高いので、なかなか仕入れは難しいです。
あまり馴染みのない人にとってはなおさら難しい。

 

 

しかも、店舗でも「アウトドアブランドコーナー」に置いてあるものは
やはりかなりの値付けがされています。

セ〇ストなんか結構厳しいですよね。

 

 

そういった場合、見るべきコーナーは、

通常のパンツコーナー!なんです。

 

ジャケットだったら

普通のコーチジャケットのコーナーに紛れているモノ!

 

レディースとかメンズのブランド分けされていない、
安い価格で並べられているあのコーナーです。

 

あの中にコッソリ混ざっているものこそオイシイんですよね😋

 

 

ちなみにコレはアウトドアブランドだけではありません。

他のスポーツブランドが紛れていた場合も、
必ずリサーチしてみましょう。

 

なぜかノーブランド扱い
数百円で落ちていることがあるんですよ😊

 

 

あとはね、ダウンジャケットのコーナー。

ここにもお宝が紛れてますので、チェックです♪

 

 

このマーク知ってる?

中でも絶対に外したくないのがコレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

優れた防水透湿性で有名な「GORE-TEX(ゴアテックス)」ですね!

 

服にはこんなタグが付いています。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

ちなみに防水透湿性というのは、
内側からの汗や熱気は逃がすけど、外側からの雨や風は浸透させない仕様を言います。

 

すんごい技術ですよね。

 

 

すんごい技術だからこそ技術料が高いようで、
製品価格を抑えるために独自で似た機能を開発しているブランドもあります。

 

コロンビアは「OMNI-TECH」を採用していますし、
パタゴニアは「H2NO」という素材が使われています。

 

ここらへんもぜひ覚えておきましょう!

 

 

とは言っても、私もそんなに詳しいわけではないんです。

山登り、しんどいから嫌いだし 笑
特に下り 笑

 

 

でもここらへんの【マーク】や「こういったウェアは売れる!」っていうのを
少しだけ知っているだけでも、店舗で仕入れ出来る量が変わってくるんですよね。

 

だから頭の片隅に入れておいてくださいね!

 

 

全部レインウェアなの?

では、これらのマークがついていたら全て「レインウェア」なのか?と言ったら少し語弊があります。

レインウェアとして売っているわけではないけれど、
ダウンジャケットや普通のジャケットにもゴアテックスのマークが付いていることがあります。

 

普通のジャケットにも防水透湿性機能が備えられているんですね。

ちなみに、ホントに蒸れなくて快適らしいですよ、ゴアテックス。

 

 

 

あ!

あと、レインウェアの新品は上下セットで売られていますが、
中古で販売する際は上だけ・下だけでも売れるので大丈夫です!

 

もしアウトドアブランドに興味を持ったけど、
どういった素材なのかいまいちピンとこない方は、
ぜひアウトレットなど行って実物を触ってきてくださいね。

あの軽さには驚きますよ😎

 

 

 

ランキングに参加してます!
参考になったらポチッとお願いします!


メルマガにご登録いただくと、
もれなくアパレルせどりのレポートをプレゼント!