まだまだ続くメルカリ仕様変更

先月末くらいにコンサル生から、
「メルカリで売り切れに絞って検索すると、
2ヶ月前の商品までしか表示されなくなりました」
と連絡が入りました。

 

すぐに私も試してみると、
半年前のもちゃんと表示されました。

それが10月に入ってから、
私も2~3ヶ月前のものまでしか
表示されなくなりました。

 

アンドロイドかiPhoneか、
アプリのバージョン、などでバラバラのようですね。

 

アパレルって季節性が関係するので、
例えばあるコートの売れ行きを確認したいと思うと、
1年前まで遡らなくてはいけない場合があります。

 

こういった時に、
2~3ヶ月前までしか見られないと
非常に困ってしまう・・ということですね。

 

Amazon転売でもヤフオクでもメルカリでも
必ずこういった仕様変更は起こります。

 

では、こういった時にどうすれば良いか?

 

私は必ず検証します。

 

検証の方法は内緒ですが 笑、
とことん調べてとことん考える。

 

絶対に抜け道はあるから。

 

もし「そんなの面倒!」と思うのであれば
情報を買うと良いかなと思います。

 

既に検証してくれた内容を
ポン!と提供してくれるので楽ですよね。

 

ちなみに私は検証済みで、
抜け道もしっかり見つけました。

なーんも困らん。

 

普段からたくさんリサーチして、
日々アプリを使っていればたいていの抜け道は思いつきます。

 

そういう発想が思いつかない人は、
もっともっと触るべきです。

 

これはメルカリだけにとどまらず、
・Amazonのセラーセントラル
・ヤフオク
・その他のフリマアプリ
でも同じだと思いますよ。

 

そして
こういった仕様変更はまだまだ続きますからね。

 

取り残されないようにしていきましょ。

 

 

あ、ちなみに私は抜け道の情報を
売る予定はないのであしからず 笑

 

コンサル生には追加コンテンツとして
お渡ししますので少々お待ちくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。