※こちらは2016年12月19日に配信されたメルマガ内容です。

 

さて、
メルカリのスマホトップ見てて、
ずいぶん変わったなーと気づいた方
いらっしゃいますか??

 

無在庫販売と思われる商品が
ほとんど表示されなくなっています。

 

たしか1~2週間前に
こちらのメルマガでも
「メルカリ無在庫規制、厳しくなってきています」
とお知らせしましたが、
とうとう本腰を入れて動き出しました。

詳しくはこちらに書かれています。

 

無在庫の見分け方は、
写真が商材を使っているか否かただそれだけです。

こちら。

 

例えば、↑こちらで言えば、
上下段ともに真ん中の商品は有在庫、
他は恐らく無在庫でしょう。

 

手元に商品がないため、
メーカーが提供する写真だけを掲載しているパターンです。

 

あとは購入者からの
「Amazonや他のネットショップから商品が届いた」
という通報ですね。

 

また、私がよくお手本にさせて頂いている
アカウントがあるのですが、
その方は推定月100万くらいの売り上げがあります。
※完全有在庫です。

 

ただ、独自ルールがあって、
常連客のみお取り置き販売をしていて、
優先して販売をしています。

 

しかしメルカリでは
お取り置きは推奨していません。

 

常連客にお取り置きをしていた商品を
新規客が購入ボタンを押してしまったようで、
それをキャンセル依頼かけたら
1週間の利用制限をかけられたようです。

 

利用制限の内容は、
既に出品済みの商品は販売出来るようなのですが、
新たな出品が1週間出来ないようです。

 

 

というわけで、まとめると

・1日の出品は13品まで
・写真は商材だけではなく、
ちゃんと手元にあるよ!という写真も必ず掲載する
・メルカリの規定に沿った販売

 

最低でもこれらは守っていくことにしましょう。

 

 

まぁ、ここ数か月のメルカリは
ツールを使って再出品かけている
無在庫商品で溢れていて
目に余るものがありましたからね(;・∀・)

 

正直、ジャマくさかったです 笑

 

それらが一掃されて、
我々有在庫販売を行っている人間にとっては
かなりのチャンスがきています。

 

つまらないことで大切に育ててきた
アカウントをダメにしないよう
気を付けていきましょうね。